チラシに求められる、緻密な戦術

rinen-02

チラシは、何を一番に伝えるべきかを考え、キャッチフレーズはもちろんその書体、レイアウトのバランスや配色に相乗効果をもたせ、限られた紙面の中で効率よく表現することにより、初めてそのインパクトが高まり広告効果を発揮します。さらにクライアントの商品特性に適したターゲットの抽出、商圏エリアに対する最大数からセグメントによる最小数までの数量、最適な配布方法まで、チラシならではの的確なアプローチ方法が求められます。要するに「表現力×アプローチ方法」が潜在ニーズにマッチングすることで最大の費用対効果が生まれるのです。