【Illustrator】文字に合わせて伸びるアピアランスの作り方

はじめに

入力した文字に追随して色ベタを敷くアピアランスです。
完成形は以下のような感じです!

こんな感じでとても便利です。 早速解説します。

作り方

まず文字の上に塗りを追加します。
「アピアランス」タブから「新規塗りを追加」
色を変更して青にします。

次に文字の下に塗りを追加して
追加した塗りに「効果」→「形状に変換」→「長方形」を適用。
プレビューを見ながら適当な数字を入力すると、文字の下に色ベタが敷けます。
(見やすいようグレーにしました)

さらにグレーの塗りをコピーして、
グレーの塗りよりも一回り大きくなるように「長方形」の数字を変えると、
ひとまず形になります。

ただし、このままだと問題が

実はこのままだと問題が二つあります。

①「アウトラインをかけると変形する」(GIFあり)

アウトラインをかけると幅が変わる

あれっ!縮んだ!

 

②「フォントを変更すると余白感が変わる」(GIFあり)

下の余白が少し増えてしまいました

という二つの大問題があるので…

解決策

「効果」→「パス」→「オブジェクトのアウトライン」を一番上にかけます。
これで上記の問題も解決します。

まとめ

とてもベーシックで有名なアピアランスですが、
地図上の記号や値書きなど、いろいろなところで便利に活用できるアピアランスです。
最初の一手間で修正に強いデータになるのでおすすめです!