もう迷わない!よく使われるチラシサイズについて

チラシ

こんにちは。青葉広告です。
当社ではチラシの情報収集の為、チラシモニターという、一般の方にご協力いただいて一般家庭に配布されているチラシの収集を行っています。様々なチラシを見ていく中で、業種やその配布方法によって一定の傾向があるように思います。

そこで、一般的なチラシの仕様を一部紹介させていただきます。皆さんがチラシを作る際の参考になれば幸いです。

チラシで使われるサイズ

大きく分けてA判とB判があります。タブロイド型のD判といった仕様もありますが、チラシ単体としては事例は多くないのでここでは割愛します。
A判・B判いずれも、サイズの数字が1増える毎に長辺が半分になっていきます。これを「白銀長方形」と呼びます。具体的なサイズは以下に通りです。

A判・B判のサイズ一覧表

A判 サイズ B判 サイズ
A0 841mm × 1189mm B0 1030mm × 1456mm
A1 594mm × 841mm B1 728mm × 1030mm
A2 420mm × 594mm B2 515mm × 728mm
A3 297mm × 420mm B3 364mm × 515mm
A4 210mm × 297mm B4 257mm × 364mm
A5 148mm × 210mm B5 182mm × 257mm
A6 105mm × 148mm B6 128mm × 182mm
A7 74mm × 105mm B7 91mm × 128mm
A8 52mm × 74mm B8 64mm × 91mm

わかりやすいように一通りのサイズを記載しましたが、チラシについてはA判であればA3~A5、B判であればB2~B5のサイズがほとんどです。デザインを作成する際はこの範囲のサイズを覚えておけば問題ありません。

用途によるチラシのサイズ

まずチラシの用途によって、サイズは分かれます。
チラシは配布する方法は、新聞折込とポスティング、DM、カタログ同梱など様々な方法がありますが、全体としては新聞折込とポスティングの2種が主流です。

新聞折込

新聞折込は配布単価の設定がB判基準になっていますので、折込チラシをつくるならB判がほとんどです。
また単価はB判基準のため、B4サイズより一回り小さいA4サイズの場合でもB4サイズ扱いになるので、少し紙面的に損な感じがします。

A判で折込むケースとしてあるのは、ポスティング用で使っていたチラシを新聞折込に予定変更した場合があります。

ポスティング

ポスティングは手作業でポストに投函していくため、ポストに入らないサイズはそのままでは配布してもらえません。一般的にはA4サイズまではそのまま、B4サイズ以上は折加工を入れ、A4サイズ以下にして作業を行われています。

折加工にはコストが掛かりますので、そのまま投函できるA4サイズがポスティング用としてはかなり多いように思います。
ただし、チラシを大量に用意する場合はコスト面から、折込チラシと平行して実施する場合は合わせ刷りのためにB判でポスティングすることもあります。

業界によるチラシのサイズ

業種によって、目的や広告に対しての予算が異なるため、多少の傾向はあります。

  • 不動産

    主に仲介が中心の場合は折込はB4チラシが多いです。ポスティング用としてA4で作成しているケースも多くみられます。新築物件を販売するデベロッパーの場合はイメージを重視し、サイズは大きく紙質も仲介業に比べ厚紙を利用するケースが多いです。また目につくように、チラシに見えない変形サイズや特殊な折加工のチラシで作成する場合もあります。
    不動産のチラシは当社でも一番需要の多い業界の為、様々なチラシの提案をさせていただいています。
    過去の実績はこちら(外部リンク)
  • デリバリー
    ポスティング用には保存性を重視した厚紙のメニュー表、または折込兼用にするためのB4サイズが多いです。
  • 引越し・不用品回収業者など
    できるだけ多く配布するため、コスト重視の傾向があります。そのため、ポスティング用にA4・A5の薄紙がほとんどです。美容整形のチラシも同じような傾向が見られます。
  • スーパー・ディスカウントストア・家電量販店
    コストやスケジュールの兼ね合いからかほとんど新聞折込に頼っているため、B4/B3の薄紙が多いです。年末年始などのセールのタイミングはB2など大型サイズも展開しています。
  • 学習塾・スポーツクラブなど
    ポスティングはA4チラシ、折込はB4チラシと他業種にくらべ、比較的用途によって分かれます。
 

最後に

いかがでしたでしょうか?

チラシは大きい紙面ほどインパクトは出ますが、当然印刷コストがかかってきますのでサイズはその目的とのバランスが重要だと思います。もし実施の内容でお困りの際は、実施が決まっていなくてもご相談・御見積だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

最後まで御覧いただきありがとうございました。