WEB担当者がオススメするWordPressプラグイン10選

ワードプレスでウェブサイト制作にプラグインの導入は欠かせません。このプラグインを利用するためにワードプレスを取り入れていると言ってもいいくらいです。

当社でサイトを制作する中でも必須で取り入れているものや、サイトの内容によって利用しているものなどもありますが、今回は欠かさず取り入れているものをピックアップしてみました。

おすすめプラグイン10選

Advanced Custom Fields

カスタムフィールドを使う場合はみなさん、ほぼこちらのAdvanced Custom Fieldsを使っているのではないのでしょうか?
当社では PRO版の開発者ライセンスを購入し使用していますが、リピーターフィールドを始め、オリジナルの入力項目を設定するのに便利な機能が充実していて、サイト制作に欠かせないものになっています。

All In One SEO Pack

高機能な内部SEO対策プラグイン。SEO向けプラグインといえばこのプラグインかjetpackを利用している人が多いと思います。 私は使い慣れているのでAll in One SEO Packを使用していますが、各ページのタイトル・ディスクリプション設定を始め、GoogleAnalyticsとの連携、XMLサイトマップや OGP 設定もこのプラグイン1つでできるため、かなり強力なプラグインとなっています。

MW WP Form

問合せフォームを作成できるプラグインです。ワードプレスの問合せフォームと言えばcontact form7が有名ですが、個人的には日本語対応なのと確認画面が簡単に実装できるため、こちらを利用しています。

Custom Post Type UI

カスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーを追加するときは多くの人がこのプラグインを使用していることでしょう。

EWWW Image Optimizer

googleのぺージ評価には表示スピードも重視されるようになり、サイトのデータで大きな割合を占める画像データの重さは無視できないものになっています。
アップロード画像を自動で最適化してくれるプラグインです。 画素数を重視したの圧縮か、高い圧縮率にするかを選べるので非常に便利なプラグインです。

Favicon by RealFaviconGenerator

windowsのショートカットやiphoneやandroidなどのfaviconを簡単に一括生成してくれるプラグイン。アイコン画像が一つあればいいので、細かい設定をしなくていいので助かっています。

Breadcrumb NavXT

SEOの観点からサイトに欠かすことのできないパンくずリスト。WordPressならこのプラグインで、SEO対策に有効な構造化マークアップまで自動生成してくれる非常に助かっています。

Regenerate Thumbnails

こちらは開発中にお世話になっているプラグイン。function.php内でサムネイルの設定を変更した時に、すでに登録されている画像は追加したサムネイルが生成されないため、このプラグインで再生成します。

WP Multibyte Patch

日本語サイトなら必須のプラグイン。WordPressは元々英語向けのCMSのため、日本語を使用する場合において文字化けが起こるのを防いでくれます。

WP-DBManager

設定したスケジュールに基づいて、データベースのバックアップや最適化などを自動で行ってくれるプラグイン。バックアップデータはサーバーに保管されるほか、指定したメールアドレスにも送ることができます。

プラグインを使うとき

WordPressは便利なプラグインが豊富にあります。プラグインを活用することで作業工程の短縮につながりますが、同じような機能が多くあり、評価やバージョン対応状況もばらつきがあるため、慣れない方だと迷ってしまうのではないでしょうか。

私自身がプラグインを使うときは、下記の優先順に導入を検討します。他サイトで解説が多くあるプラグインは、トラブル事例等も合わせて掲載されていたりと有事の際も対応がしやすいので安心です。

  • 解説しているブログサイトなどが多くある。
  • 有効インストール数が多い。
  • 最終更新日
  • バージョン検証
  • 星の評価

プラグインをうまく有効活用して、サイト構築の効率化を図りましょう。